米国犯罪史上最悪の連続殺人鬼


Gary Leon Ridgway
1949年2月18日 ソルトレイクシティー(ユタ)生
ワシントン州に住む54歳
逮捕時はコンピューター会社に勤務
殺人時はトラック塗装工としてトラック工場で30年働いていた
3回の離婚歴がある。女性に対し憎悪が強く、
性的に強欲で,GFは事件のあった場所でのsexを強いられたと
証言している。.
宗教狂信者だったとも言われている(前妻談より)


最初の遺体発見は1982年7月15日。 自転車でペック橋を通りかかった2人の少年がグリーン川中央に沈んでいる木にジーンズで括り付けられた全裸死体を発見した。この遺体は16歳白人の売春婦ウェンディ・リー・コーフィールド。 正式な死因はひも状のものによる絞殺と断定された。1982年8月12日精肉会社の従業員が水位の低くなったグリーン川の砂州に転がっている全裸死体を発見する。23歳白人売春婦デボラ・リン・ボナー。2つの事件の捜査はキング郡警察とケント警察の分けられ同一犯による連続殺人とは考えられていなかった。しかし1982年8月15日 グリーン川を筏で下っていた男性が川底にある2体の全裸の遺体を発見。その遺体は 20キロ近い尖った巨大な玄武岩に押さえられるように固定されていた。31歳黒人売春婦マルシア・フェイ・チャップマン(後にわかるが彼女には犯人のものと見られる噛み痕がついていた)17才黒人売春婦シンシア・ジーン・ヒンズ 後発見現場を撮影していた刑事たちはグリーン川の水面でも全裸遺体を発見する事になる 16才黒人売春婦オパール。シャルメーヌ・ミルズ。凶器は特定できないがいずれも死因は絞殺による窒息死とされた。後別事件とみられていた ジゼル・ロボン(19歳・売春婦 全裸・絞殺)事件も連続殺人事件の被害者と判明する。グリーン川付近ではなく シアトル・タコマ国際空港人気のない木立・草が伸び放題の袋小路での遺体発見だった。

1984年1月 一向に進まない捜査にテッド・バンディ事件を担当したロバート・D・ケッペルが加わり”グリーン川殺人事件プロジェクトチーム”が設立される。83年末には グリーン川から遠く離れた森で発見された売春婦の白骨死体5体を加え続々と遺体が発見されるようになる。その中のメアリー・ブリジット・ミーハンは唯一埋葬されて発見された。彼女が妊娠8ヶ月だった。....被害者一覧を参照してください。 
注)上記の内容と発見日もしくは遺体名の順番が違うのは状況をより詳細にするために
参考にした資料が1996年のものだったため、別事件だと思われたものがこの事件のものだったりその逆だった可能性もあります。

名前 年齢 遺体発見日 名前 年齢 遺体発見日
Amina Agisheff 36 1982.7.7 Yvonne Antosh 1983.5.31
Wendy Coffield 16 1982.7.8 Carrie Rois 15 1983.5.31〜6.13
Gisele Lovvorn 19 1982.7.17 Constance Noan 1983.6.8
Debra Bonner 23 1982.7.25 Tammy Liles 16 1983.6.9
Marcia Chapman 31 1982.8.1 Keli McGiness 18 1983.6.28
Cynthia Hinds 17 1982.8.11 Kellly Ware 22 1983.7.19
Opal Mills 16 1982.8.12 Tina Thompson 22 1983.7.25
Kase Ann Lee 1982.8.28 April Buttram Manuel 17 1983.8.18-9.1
Terry Milligan 1982.8.29 Debbie Abernathy 1983.9.5
Mary Meehan 1982.9.15 Tracy Winston 19 1983.9.12
Debra Estes 15 1982.9.20 Maureen Feeney 19 1983.9.28
Denise Bush 1982.10.8 Mary Bello 1983.10.11
Shawnda Summers 1982.10.9 Patricia Osborn 19 1983.10.20
Shirley Sherrill 19 1982.10.20-11.3 Pammy Avent 1983.10.26
Rebecca Marrero 20 1982.12.3 Delise Plager 22 1983.10.20
Colleen Brockman 1982.12.24 Kim Nelson 20 1983.11.1
Alma Smith 1983.3.3 Lisa Yates 19 1983.12.23
Delores Williams 17 1983.3.8〜17 Mary West 17 1984.2.6
Gail Matthews 1983.4.10 Cindy Smith 17 1984.3.21
Sandra Gabbert 17 1983.4.17 身元不明1 1984.3.21
Kimi-Kai Pitsor 15 1983.4.17 身元不明2 1985.4.22
Marie Malvar 1983.4.30 身元不明3 1985.12.31
Carol Ann HolminChristensen 20 1983.5.3 身元不明4 1986.1.2
Martina Authorlee 18 1983.5.22〜23
Cheryl Wims 18 1983.5.23


1984年百名を越す容疑者の一人である Ridgwayが トラックにて被害者である売春婦と乗り合わせているところ目撃されたり 前妻の「死体放棄場所へよく行っていた」との証言を受け、1987年4月8日に Ridgwayの家を家宅捜査したが、証拠不十分で釈放される。その際「体液サンプル」を採取される。


発見された遺体が40を超えようとするにも拘らず 捜査は一向に進まない。事件が余りにも有名になってしまったため 色んな輩が関わってくるようになる。 有名なのは”テッド・バンディ” 彼は自ら捜査協力を申し出る。その他サンフランシスコ刑務所の2人の犯罪者がGreen River殺人を告白 大規模なインタビューの後に、自供は悪ふざけであることが判明する。1988年警察がチェックしていた容疑者 ウィリアム・J・スティーブンスも彼の家の構内捜索 父親の家まで家宅捜査をしましたが証拠はつかめず しかも事件のあった1982年の夏の数カ月の間、国中に旅行していたことがわかり 捜査は振り出しに戻ります。このように何度も空振りに終わってしまった捜査に 住民は怒りと不満をあらわにし 不安を感じながら生活していた。

1991年7月には グリーン川殺人事件プロジェクトチームはトム・ジェンセンという1人の捜査官のみになっていた。 9年、およそ49人の犠牲者、捜査費用1500万ドルかけても、グリーン川殺人事件プロジェクトチームはまだGreen River Killerを捕らえることが出来ず 次第に この事件はアメリカ最大の迷宮入りの殺人事件として扱われるようになってしまっていた。そして 約10年間この事件は眠り続けることになります。

2001年4月 Detective Reichert(キングカウンティーの保安官)は 新たに 科学捜査方法をとるようにプロジェクトチームを組む。彼を始め6人を集め(DNA、法廷の専門家など) 最初の被害者3名より採取できた犯人のDNAを 容疑者の体液(だ液)サンプルとDNAテスト方法により照合したところ 1987年採取したGary Leon RidgwayのDNAと一致する。
2001年9月10日 Detective Reichertは検査結果を報告され 11月30日 会社帰りのGary Leon Ridgwayは逮捕される。
1982年から2001年の間 48人もの女性を殺害した連続殺人犯”Green River Killer”は ついに その殺人に幕を下ろすことになる。


1982年から2001年の間 48人もの女性を殺害した連続殺人犯”Green River Killer”の判決が下された。
仮釈放なしの48回分の終身刑。事件の全貌を明らかにする条件の司法取引が行われた
彼は 殺して埋めた場所を”clusters(集団・群れ)”と呼んでいた。驚いた事に 彼の息子マシュウ(7歳)を殺害時 現場へ連れて行ったと供述している
clusters周辺をドライブし自分の殺害状況を思い出すのが楽しみだった。時として 遺体を掘り出し屍姦も楽しんだ。
多くのセックス殺人者がそうのように 被害者の名前を呼ぶことはなく、もの扱いの供述だった。
しかし 州を跨いだ殺人の為(Ridgwayは全てキングカウンティ内と言っているが) 別管轄で死刑判決を受ける可能性もある。


「多くの女性が殺される前にオレに言うんだ ”あなたは green river killerなの?”
green river killerに見えるかい?””green river killerはもっと大きな男だと思うわ”」
小太りの彼は捜査官にそう話した。


遺体発見場所

裁判

参考資料: 死体を愛した男/TheJapan Times WEEKLY/その他

HOME